2013年09月19日

深海展(東京-国立科学博物館)感想-2013年



これは深海数百メートルで泳いでいた実物深海魚です。




【深海展の感想】

昨日は以前から気になっていた深海展(東京(上野)-国立博物館)へ行ってきました。混雑を避ける為にあえて平日に行ったのですが

何か混んでました(笑)

巨大イカについて。

深海展の内容は深海ということもありとても興味深いものでした。注目のダイオウイカ,は実物が展示されています。こんな巨大な生き物が深海を悠々と泳ぎ回っているのか(゜∀゜;ノ)ノという驚きと感動,衝撃を受けました。

この巨大イカについて,今年はNHKの番組でダイオウイカの撮影に成功するという世界的なニュースがあったので世間の注目は余計に高いのでしょう(笑)実際,管理人もこのニュースを見て深海展を知り興味を持ち見に行きました(笑)

「巨大イカ,謎に包まれた深海の世界」この言葉だけでワクワクします。



あとは深海潜水艦の"しんかい6500"の実物大模型は迫力がありました。




そして,
お土産コーナーにはダイオウイカの実物大ぬいぐるみが販売されていて笑ってしまいました。あとは多くの来場者がやたらイカグッズを買っていました(笑)まさかイカがここまで人気者になるとは。。(笑)



クジラの実物大模型。

骨格は実物らしいです。たしかこのクジラが今現在,世界で一番大きい生物??だったような気がします?







-----------------------------------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------



あと国立博物館の方の通常展示も見てきました。館内はすごい広さで展示フロアは地下3階~地上3階くらいまであったと思います。


・科学技術の発達コーナー:中学〜高校〜大学で習った科学(化学)の有名な原理,公式が分かりやすい模型で説明展示してありました。学校で習った科学とかの有名な公式とかが現代文明を作り上げたんだなと実感しました。

・地球の成り立ちコーナー:宇宙レベルの広大な展示に心が広くなりました(笑)

・恐竜コーナー:恐竜の大きさに衝撃を受けました。目の前にそびえ立つ巨大な恐竜骨格に衝撃を受ける。感動。

・ヒトの進化の過程:ヒトが「猿〜ヒトになるまで」の過程を骨格や模型で展示してあり視覚的に分かりやすく理解できてとても面白かったです。普段深く考える事のない「そもそも人は猿から進化したんだよなぁ?原始人って?」といった疑問を展示説明で解決する事ができました。

・現代科学コーナー:ゼロ戦が展示したりました。想像していたよりもでかい(笑)あと,宇宙の彼方まで飛んでいき小惑星で物質を回収してきたハヤブサも展示(模型?)してありました。そしてこの宇宙の彼方で回収してきた物質の実物展示もありました。


こんな感じで,じっくり見ると丸1日使います(笑)平日の閉館時間は17時までだったのでもしも次に行くときは午前中には見始めれるようにしたいです(笑)

  

Posted by 管理人(Aki-ha-bara2005) at 17:10Comments(0)深海展(国立科学博物館)